ハッピーメールで年齢確認をする方法とは?

ハッピーメールでは、年齢の確認を行っています。18歳未満のかたの利用は昔よりも厳しくなっており、とにかく年齢を確認しなければなりません。
昔の年齢確認する方法として、免許証のコピーを郵送しなければいけない時もありました。そうなると、手間や時間が取られると同時に、誰に渡ったのかわからない免許証のコピーなどが、心配だったのではないでしょうか?
こちらでは、ハッピーメールの年齢確認方法についてご説明していきます。以前より簡単で便利になっていますので、ご覧になっておいて下さい。

年齢確認の際に必要な証明書

年齢の確認を行うためには、証明書が必要になっていきます。免許証が代表的なものですが、その他にも、保険証、住基カードなどでも証明する事ができます。これらの証明書ならば、どなたでもお持ちになっているのではないでしょうか?

年齢を確認するだけの目的

免許証などの身分証明書となると、悪用されたりしないかと心配になってきますが、そのような心配はないようです。要するに、年齢の確認さえ取れればいい訳ですから、免許証の番号などを隠して、生年月日を確認できればよいのです。個人が特定できてしまう項目を見られるのがいやなら、事前にしっかりとその部分を隠しておきましょう。

コピーは不要、メールに添付して送るだけ

年齢確認を行う時には、コピーする必要はありません。携帯カメラで、自分自身の生年月日が書かれている箇所をカメラで撮り、メールに添付して送れば完了となります。あの送ったコピーは、どうなったのだろうかと、心配する必要もないのです。

クレジットカードでも年齢は確認できる

クレジットカードでも年齢を確認する事ができます。これは、公的な身分証明書ではありませんが、利用してみてもいいかも知れません。
また、クレジットカードで確認した際には、そのままカード情報も登録されるので、ポイントと購入する際にとても、便利ということになります。わざわざ、クレジット情報を再度入力ししなくてもよいのです。

クレジット情報を登録されるのが嫌な方

クレジット情報が、登録されては困るし、いやだなと思えば、年齢の確認は、保険書や免許書の生年月日をカメラで写しメールで添付してください。そうすれば、クレジットカード情報が登録されずにすみます。

クレジットカードだと氏名を伝えなくてはいけない

クレジットカードで年齢の確認を行う場合には、公的な証明書では不要だった名前を教えなければならなくなってきます。自分の本名がハッピーメール側に漏れるのが嫌な場合は、免許証や保険証での確認をおすすめします。

もしも年齢確認ができなかったら?どうなる?

ハッピーメールの中で、もしも年齢を確認する証明書がなくて年齢を確認できないとどうなるのでしょうか?その時には、証明がないためにハッピーメールの機能がかなり制限されることになります。
制限があると、ほとんど何もできない状態になると思ってください。ですから、年齢確認できる証明書が必要なのです。

以上のように、年齢確認の仕方についてご紹介しました。
年齢確認の仕方は、証明書をコピーしなくても、携帯のカメラで撮ってメールで添付すればOKとなります。生年月日が必要なだけですので、知られたくない項目は隠しておいてもかまわないのです。
年齢を確認できないと、ハッピーメールが利用しにくくなってしまうので、年齢確認は、欠かせない存在となるでしょう。